信州野沢温泉

鷲野の地元・野沢温泉について

ミートショップ鷲野は、野沢温泉にございます。野沢温泉村は昔ながらの温泉街の情緒を感じる街です。外湯巡り、広大な野沢温泉スキー場などお楽しみがいっぱい!野沢温泉周辺にも観光地が盛り沢山です。どうぞ野沢温泉にお越し下さいませ。

村内多数の旅館、民宿、食堂等にて鷲野のお肉をご使用いただいております。お帰りの際には鷲野オリジナル商品を始め、信州名物黄金軍鶏(しゃも)などをぜひお土産にどうぞ。通信販売も致しております。
オンラインショップ

13箇所の無料の外湯巡り

野沢温泉には、外湯と呼ばれる共同浴場が十三箇所あり、温泉街の中にも点在しており、建物の形や造り、間取りもすべて違い、泉質や効能も浴場により異なります。

「野沢温泉の湯を発見したのは、聖武天皇のころ(724〜748年)にこの地を訪れた僧「行基」であるという説、また修行中の山伏が見つけたという説と手負いの熊の後をつけた猟師が見つけたという説があります。いずれにしろ、かなり古くから野沢の地に湯が湧いていることは知られていたようです。

それでも当時はまだ温泉に入るために旅をして訪れるということは一般的でなく、江戸時代に飯山藩主の松平氏が惣湯(大湯)に別荘を建て、一般の人々にも湯治を許可した後、多くの人々が湯治という形でこの山里を訪れるようになったと言われています。当時の湯治は北信濃や越後の人々が主として農繁期のご苦労休みに訪れたものでした。

そして時代は変わり現在の野沢温泉は、環境整備の充実等に力を入れ健全なる温泉観光地として親しまれています。」
(野沢温泉観光公式ページより)

■写真上は大湯。写真下は鷲野商店となりの河原湯
大湯と河原湯
村民の生活に密着している温泉

野沢温泉では、鳩車をはじめツル細工が有名です。そのツルを温泉に浸けて柔らかくします。野沢菜漬けの季節には野沢菜を温泉で洗ったり、野菜などを茹でたりします。温泉は地元民の生活に密着しており、欠かせないものとなっています。

右の写真の源泉麻釜では、茹で物などをする村民の姿がいつもあります。この温泉は大変高温の湯が湧き出ており、大変危険です。そのため、地元民以外は入場できませんが、見学はしていただけます。すぐ近くのミニ温泉広場「湯らり」(冬季のみ休業)では、卵を茹でたり、足湯を楽しんでいただけます。

■写真は天然記念物源泉麻釜
天然記念物源泉麻釜
野沢温泉といえば、温泉とスキー!

野沢温泉といえば、野沢温泉スキー場を思い浮かべる方も多いでしょう。野沢温泉スキー場は、全36コース、スキー場総面積785ha、最長滑走距離10,000mという広大なスキー場です。ゲレンデは緩急様々なコースがあり、初心者から上級者の方までに対応しています。眺望も素晴らしく、美しい山々を眼下にウィンタースポーツを思い切り楽しめます。08-09シーズンより長坂ゴンドラ長坂駅横に500台収容の日帰り駐車場オープン!ますます便利になりました。

スキー場で遊び疲れたら温泉に浸かり、宿では鷲野の美味しいお肉で舌鼓、お帰りの際には当店にてお土産をぜひご購入くださいませ。

■写真はシュナイダーコース上部から撮影
野沢温泉スキー場ゲレンデより里を望む